MOA自然農法 植物性資材のみ使用(MOA自然農法プラチナ)
 自然農法は、土の偉力を発揮させることで、肥料、農薬等に頼らなくても作物が健全に育つことを基本としている。
 このため、自然観察に心がけ、自然の優れた仕組みを学んで農地に取り入れ、適地適作を基本に、愛情をもって作物の特長に合わせた栽培を行う。
 最終的には、自家採種、連作などを実践し、根伸びが良く固まらない土壌になれば、堆肥などの資材を入れなくても栽培は可能となる。
(1)自然農法プラチナの要件
  1. 生産者、圃場の登録。
  2. 下記の「使用できる資材」のみで栽培を行う。
  3. 自然農法プラチナを始めてからは、その栽培を継続する。
  4. 下記の「使用できる資材」以外の資材(動物性資材等)を使用した場合、「植物性資材のみ使用」の表示はできない。再表示するには1年以上、下記の「使用できる資材」のみでの栽培に取り組む必要がある。
  5. 隣接する圃場から化学合成肥料や化学合成農薬(以下、「禁止資材」という)が飛散、流入しないよう、必要に応じて緩衝地帯や浄化水田を設ける。
  6. 圃場が固定され、自然農法が実施されてきたことを確認できる資料(生産計画、栽培管理記録簿、使用資材等)を整理し、検定を受ける。
(2)使用できる資材
  1. 緑肥
  2. バーク(樹皮等)、落葉、草、モミガラ、野菜残さの堆肥
  3. 草木灰、木炭、泥炭
  4. 米ぬか、油かす、大豆かす、おから
  5. 食酢、焼酎、糖蜜
※有機農産物の日本農林規格(別表1・別表2)に準じていることが前提。
※バーク堆肥は、動物性資材を使用せず2年以上堆積したもの


TOP 
MOA自然農法文化事業団(本部)
http://www.moaagri.or.jp/