MOA特別栽培
  自然農法では使用を認めない一部の資材を、事情により制限的に使用する栽培を特別栽培という。
  特別栽培はあくまでも自然農法に向かうための過程であり、土を生かすことが基本である。このため、化学肥料、土壌に施用する農薬(土壌消   毒剤、殺線虫剤、除草剤等)は、圃場で使用できない。

  ※特別栽培で生産している方は、家庭菜園等で自然農法を実践し、そこで得られた成果を特別栽培圃場へ反映させ、いずれは自然農   法への転換が図れるように努力をすることが必要。
 
 (1)特別栽培の要件
  1. 生産者、圃場の登録。
  2. 圃場へ微量要素を除く化学合成肥料を使用しない。
  3. 微量要素を使用した場合は、「化学肥料不使用」の表示はできない。
  4. 土壌殺菌剤、殺線虫剤、除草剤、殺虫剤および前記以外の土壌に施用する農薬等は使用しない。
  5. それ以外の農薬に関しては、農薬取締法に基づいた使用法で当該地域の50%以下である。
  6. 慣行苗を使用する場合は、植え付け後に圃場で持続的効果を示す化学合成肥料、農薬を使用していないものに限る。
  7. 航空防除(有人ヘリ)実施地域では、原則として行えない。



TOP 
MOA自然農法文化事業団(本部)
http://www.moaagri.or.jp/